2018年04月30日

「那須の帰りにイチゴ狩り」

ご訪問、ありがとうございます!
ポチッとひとつ、よろしくお願いします!!


人気ブログランキングへ

KIMG0607.jpg

那須からの帰り道、鹿沼に寄りました。
栃木県はイチゴが有名だと聞き、
「イチゴ狩り」をしてみようと言うことになったのです。

隊員は夫と私の2名。
「ベリーズファーム」という、農園にお世話になります。

ナビで案内されたのは、農村のど真ん中。
イチゴのビニルハウスがたくさん建つ中にありました。

KIMG0605.jpg

小さな「P」の看板を頼りにでこぼこ道を入っていくと、
「ベリーズファーム」の文字。
建物の入り口も、こんな感じ。

DSC_0152.jpg

農園のご主人は若く、爽やかな方でした。
やり方を聞き、料金を払ってスタートです。
30分、食べるぞ〜!

練乳の入った入れ物とおしぼりを持ってハウスへ。
初めはスカイベリーのハウスから。
100mもあろうかと思われるハウスに、
ず〜っとイチゴが並んでいます。

入ってすぐ、大きくて真っ赤な実を発見!
「やった〜!!」もう、子供です。

DSC_0140.jpg

これがまた、甘いし、ジューシーだし、ホントに美味!!
もぎたてって、こんなに違うの!大騒ぎです。

練乳は無くてもいいくらい、甘い甘い。
葉っぱの中に隠れてるのを見つけるのも楽しいし、
あっという間に15分。

もう一つ、9種類のベリーを楽しめるハウスへ移動しなければ。
お腹はスカイベリーで8分目までいっぱいです。

もう一つのハウスは、とちおとめ、女峰、やよいひめ、
その他、合わせて9種類のイチゴを楽しむことができます。

種類によって少しずつ違う味や歯ごたえを確かめつつ、
あっという間に30分。でも、もうお腹は110%。

会計をしたカウンター横には「形や色が悪い」という
味とは関係の無い理由で選別されたスカイベリーが
1パック400円という格安価格で売っていました。
6パック購入し、持ってきたクーラーバッグに入れました。

二人で3000円を切る料金で、
たぶん一人3000円分は食べました。
コスパも最高!コスパ重要!

初めてのイチゴ狩り、大満足です!
時期が短いので、またスケジュールが合えば、
予約して、寄ってみようと思います。



posted by Rian at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。