2018年04月21日

「おもて那須手形なのに山喜」

ご訪問、ありがとうございます!
ポチッとひとつ、よろしくお願いします!!


人気ブログランキングへ

KIMG0581.jpg

温泉旅館山喜に行ってきました。
・・・と言っても、おもて那須手形ですが。

板室のとろっとしたお湯が好きで、時々入りたくなります。
なかでも、山喜さんは別格です。
こんな、手形で入っちゃっていいの!?みたいな、
ちょっと申し訳ない気分で、でも、嬉しいです。

建物はスタイリッシュでモダン、中のインテリアはシック。
浴場はコンパクトながら、いつも清潔で快適です。
アメニティは、大好きな松山油脂のものと、那須ブランドのもの。

内湯は深めの浴槽が二つ。
立ち湯のように入れる部分には石が敷いてあって、
立って入ると足の裏がいてててて・・・

KIMG0582.jpg

露天からは宿の裏山の斜面が臨めます。
夏は緑が賑やかです。
デッキがあって、浴槽は小ぶりですが、開放感があります。

洗い場は3つ。
部屋が8つですから十分でしょう。

KIMG0583.jpg

洗面にも化粧水などが置いてあります。
もちろん、シャンプーと同じブランドです。
日帰りのゲストにも使わせてくれるなんて、太っ腹!!

KIMG0584.jpg

というように、とっても素敵なお風呂なのです。
もちろんお部屋もお料理も、憧れな感じ・・・

来るたびに、次はお泊まり!!って決意するのに、
何だかなかなか来られません・・・


posted by Rian at 19:23| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月23日

「震災から7年」

今年で7年。
震災の後、何回か訪れた東北。
「行くぜ、東北」。
この短いセンテンスには、私達をインスパイアさせる力があると思っています。

さて。
大好きな松島について。
震災直後に書いた文をあげました。

あの年の、3月の記事です。
今は、多くの観光客で賑わう松島ですが、
震災の影響は大きかったと思います。

美しい、松島の風景を見に、ぜひ。

人気ブログランキングへ

KIMG0421.jpg  

今日は、宮城県松島のことを綴ります。

松島に惹かれ、これまでに三回行きました。

一度目は奥松島の浜。
二度目は水族館。
三度目はS庵という旅館。

初めてこの景勝地を訪ねた時、海に浮かぶ数々の島の緑に、
寄せる波の穏やかな音色に、ぼうっと佇んでしまったことを思い出します。
賑やかな遊覧船発着所の周辺を避け、小さな浜に滞在しました。
大地の創生期に、誰かが何かしらの意図を持って造ったに違いない。
そんなことを考えてしまうほど、美しかったのです。

なぜ美しいと感じるのか、考えてみました。

まず、海と空と島の対比。
海の藍、空の青、島の緑。
地球に大気ができて初めにできた色たちは、人の心の奥深くを揺さぶります。

次に、バランス。
人智を尽くしても同じようには造れないでしょう。
島の形も大きさも配置も、どの方向から観ても美しいのです。

空気。
海を渡る風の香。
打ち寄せる波の音。
穏やかに注ぐ陽の光。
そして、風景に対する人々の誇り。
この空気が、訪れた者に感動を与えるのです。

「行ってみないとわからない」ことがたくさんあると思います。
写真で見たことがあっても、感じることはできない。
多くの人に、松島の持つ魅力を語ってほしい。

芭蕉を絶句させたほどの景勝を取り戻すことは、日本人のプライドの復活でもあると思います。

東北の旅の想い出はなぜか印象深い。

東北のもつ、おおらかな、温かな、澄んだ空気が、そうさせるのかもしれません。

posted by Rian at 19:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月28日

「宇都宮美術館」

ご訪問、ありがとうございます!
ポチッとひとつ、よろしくお願いします!!


人気ブログランキングへ

DSCN4834.JPG

那須に行く途中、宇都宮美術館へ寄ってみました。
もとより、絵を見るのは大好き。
いい展覧会をやっているとの情報に
いてもたってもいられなくなり、行っちゃいました。

丘の斜面に建つ素敵な住宅街を抜け、
坂を登ったところに駐車場があります。
森の中にひっそり。
車を駐め、緑地公園をぶらぶら歩いて美術館へ。

DSCN4829.JPG

木陰だったり、

DSCN4830.JPG

芝生に沿ったり、

DSCN4831.JPG

階段を上ったり。
そして、白い建物が見えてきます。美術館です。

DSCN4832.JPG

初めの写真は、中庭の写真です。
フォトジェニックな風景。歩いて行くと角度が変わり、
進むほどに楽しめます。

もちろん、(撮影できませんでしたが)展覧会も素敵でした!
インターからも遠くないので、また寄ろうかな。


posted by Rian at 18:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする