2018年03月23日

「震災から7年」

今年で7年。
震災の後、何回か訪れた東北。
「行くぜ、東北」。
この短いセンテンスには、私達をインスパイアさせる力があると思っています。

さて。
大好きな松島について。
震災直後に書いた文をあげました。

あの年の、3月の記事です。
今は、多くの観光客で賑わう松島ですが、
震災の影響は大きかったと思います。

美しい、松島の風景を見に、ぜひ。

人気ブログランキングへ

KIMG0421.jpg  

今日は、宮城県松島のことを綴ります。

松島に惹かれ、これまでに三回行きました。

一度目は奥松島の浜。
二度目は水族館。
三度目はS庵という旅館。

初めてこの景勝地を訪ねた時、海に浮かぶ数々の島の緑に、
寄せる波の穏やかな音色に、ぼうっと佇んでしまったことを思い出します。
賑やかな遊覧船発着所の周辺を避け、小さな浜に滞在しました。
大地の創生期に、誰かが何かしらの意図を持って造ったに違いない。
そんなことを考えてしまうほど、美しかったのです。

なぜ美しいと感じるのか、考えてみました。

まず、海と空と島の対比。
海の藍、空の青、島の緑。
地球に大気ができて初めにできた色たちは、人の心の奥深くを揺さぶります。

次に、バランス。
人智を尽くしても同じようには造れないでしょう。
島の形も大きさも配置も、どの方向から観ても美しいのです。

空気。
海を渡る風の香。
打ち寄せる波の音。
穏やかに注ぐ陽の光。
そして、風景に対する人々の誇り。
この空気が、訪れた者に感動を与えるのです。

「行ってみないとわからない」ことがたくさんあると思います。
写真で見たことがあっても、感じることはできない。
多くの人に、松島の持つ魅力を語ってほしい。

芭蕉を絶句させたほどの景勝を取り戻すことは、日本人のプライドの復活でもあると思います。

東北の旅の想い出はなぜか印象深い。

東北のもつ、おおらかな、温かな、澄んだ空気が、そうさせるのかもしれません。

posted by Rian at 19:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

「那須いちやホテルに行ってみた 2」

ご訪問、ありがとうございます!
ポチッとひとつ、よろしくお願いします!!


人気ブログランキングへ

KIMG0518.jpg

いちやホテルのウリ、野菜中心、しゃぶしゃぶ、飲み放題!ディナーです。

時間は17:30スタートで、早いのですが、
お腹ぺこぺこの私達にはちょうどいい時間。

前菜は、お皿に二人分、きれいに盛り付けてあります。
手が込んだ品に感心、感動。
宿泊費を考えたらなんてリーズナブル。

この後、季節の野菜のバーニャカウダ。
そして、しゃぶしゃぶ。
牛肉と三元豚、季節野菜がてんこ盛り!大好きなごまだれ。

食事はうどんですが、もう食べきれませんでした。

KIMG0521.jpg

とちおとめとゼリー。
お腹いっぱいですが、さっぱりと美味しい。

そして、食後は夕方野菜をいただいたキッチンギャラリーへ。
手作りデザートをいただけます。
今日はあつあつクレームブリュレに紅茶のアイスクリーム。
暖かいフレーバーティもいただきます。

KIMG0523.jpg

しかも、ラウンジには夜食においなりさんが置いてあるし、
バーでもサービスでいただけるお酒があるし、
あ、飲み放題はもちろん4,5杯は飲んだかな、
生ビールにワイン、梅酒やカクテル、焼酎も地酒もあるんです。

満腹で部屋に戻りました。
なのに、朝食はちゃあんと食べられるので不思議です。
ビュッフェなので、好きなものを好きなだけ。
御養卵はセルフサービス、さらにいろいろなお醤油が用意してあるのです。
TKGにして2個、食べました。
目の前で作ってくれる果物のスムージー。この日はバナナとマンゴー。
絞りたてのリンゴジュースも。

KIMG0539.jpg

かえりは、建物の前でスタッフさんが手を振って見送ってくれました。
気分のいい滞在でした。これで一人2万円軽く切っちゃうなんて、コスパ最高です。

那須の家からは10分、また来ようと誓いました!


posted by Rian at 11:53| Comment(6) | 那須 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

「那須いちやホテルに行ってみた」

ご訪問、ありがとうございます!
ポチッとひとつ、よろしくお願いします!!


人気ブログランキングへ

KIMG0490.jpg

ずっと行ってみたかった「いちやホテル」に行きました。
野菜ソムリエさんがいて、いつも美味しい野菜がいただけるとのこと。

この日は気温が高かったのですが、今年の那須は雪がいっぱい。
那須高原大橋からも雪の那須連峰。

KIMG0510.jpg

那須の家に寄っていろいろ荷物を置き、いちやさんへ向かいます。
場所は南が丘牧場の手前、那須街道を一軒茶屋まで登り、
那須の家からは10分で着きました。

KIMG0515.jpg

建物は古いですが、館内はシックな感じでジャズも流れ、居心地よし。
小さなお子さんのいる家族連れか、カップルか、という客層です。

部屋は普通の和室。こたつがあって眺めよし。

KIMG0535.jpg

KIMG0537.jpg

内湯はこの規模のホテルとしては広いと思いました。
清潔だし、脱衣所にタオルが置いてあるのもマル。
お湯は透明の単純泉。

KIMG0530.jpg

シャンプーバーと、お子さん用のおもちゃバーがあります。

KIMG0533.jpg

のんびり浸かった後は、上がったところにあるキッチンギャラリーのドリンクバーで
セルフサービスの冷たい飲み物をいただきます。

屋上と6階に貸切展望露天風呂があります。
屋上を予約しましたが、風が強くなり湯温が下がって閉鎖。
代わりに金ちゃん温泉に案内して下さるという電話がフロントから入りましたが、
もう内湯に入り、浴衣に着替えてしまったのと、
那須の家からしょっちゅう行っているので断りました。

やはり、高い階に温泉を揚げるのは大変なんですね。

でも、貸切露天に入れなくても、お楽しみは続きます。
17時からは、ドリンクをいただいたキッチンギャラリーで、
季節の野菜とお酒のサービスがあるのです。
あと1時間!オリンピックの番組でも見て、こたつで待ちましょう!!


posted by Rian at 13:40| Comment(4) | 那須 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする