2017年04月14日

「またまたフランクリンズカフェ」

ご訪問、ありがとうございます!
ポチッとひとつ、よろしくお願いします!!


人気ブログランキングへ

DSCN4478.jpg

また、フランクリンズカフェに行っちゃいました。
私は、いつもの焼き野菜ディップ。
プリンも頼んじゃいました。

DSCN4479.jpg

夫はポークのっけご飯。
DSC_3441.JPG

これに、ランチのマンゴージュース、グレープフルーツジュースが付いて
二人で2000円切るんです。
も〜、美味しいやら嬉しいやら・・・

今回は犬が一緒なのでテラス席で。
寒いけどコートを着てれば平気です。
お庭を見ながらのんびりいただくランチの贅沢。

DSCN4468.jpg

やっぱり、何度でも来たくなる、そんなカフェなのです。

DSCN4480.jpg


posted by Rian at 22:13| Comment(4) | 那須 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

「愛犬とエピナール」

ご訪問、ありがとうございます!
ポチッとひとつ、よろしくお願いします!!


人気ブログランキングへ

DSCN4528.jpg

DSC_3453.JPG

1年ぶりに愛犬とエピナールのドッグテラスに泊まりました。

人気で、なかなか予約が取れなかったのですが、
たまたま週末が空いているのを見つけ、GETです。
今年は、看板犬のこなすちゃんがお出迎え。
大きいけど優しいレトリーバーです。

広谷地の家に寄ってから行きました。
庭には、もうクロッカスが。

DSCN4490.jpg

DSCN4491.jpg

春だなあ〜なんて浮かれていたらちょっと風が吹いてきて
さすが那須、まだ冬が残ってました。

さて、3時だぞ〜と家を出発。
エピナールまでは5分とかかりません。
でも、並木道を入ると、気分は別世界。
家に泊まるとなかなか労働しちゃって、ゆったりできませんから、
やっぱり近くてもホテルはいいなあ〜。

DSCN4527.jpg

池の畔にある別棟。
すぐ裏手の専用駐車場に車を入れ、チェックインです。

愛犬はこの間にパパとお散歩。池の周りをとことこ。
用を足してしまいましたが、ホテルの入り口に
ウンチ専用、臭いの漏れないゴミ箱があるので、
そこに処分してお部屋へ。
これ、お部屋にもあって便利です。

さて、ドッグテラスの部屋、今回は2人用のスタンダード。
昨年のデラックスよりかなり狭いですが、
必要なものは揃ってるし、夫と犬と私、3人なら余裕。

室内の紹介です。
まだ新しいし、ペットが泊まるので徹底的に掃除してあってきれいです。

DSCN4493.jpg
玄関の柵。

DSCN4496.jpg
洗面。タイルがきれい〜

DSCN4498.jpg

DSCN4499.jpg

人用とイヌ用のおやつ。

DSCN4494.jpg

DSCN4495.jpg
お茶のコーナー。本館より充実です〜
DSCN4515.jpg
ベッドも快適〜犬は乗っかってはいけません。
犬用にソファもケージもあります。


DSCN4497.jpg

DSCN4519.jpg
温泉じゃないけどバスルーム広くて快適〜
ホテルの温泉にも行きましたが、
部屋風呂も2回入りました。
それは・・・今回、部屋のお風呂も楽しく入れるように、
サービスが充実していたからです。

DSCN4526.jpg

DSCN4523.jpg

DSCN4521.jpg

DSCN4520.jpg

シャンプーバーができていたのです。
しかも、バスソルトも好きなものをカップに入れていただいていけます。
シャンプーは高級なものばかり。
バスソルト、今回はラベンダーとペパーミントをチョイス。

これで、部屋のお風呂も、いろいろ楽しめるというわけです。

posted by Rian at 07:37| Comment(0) | 那須 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

「雪崩」

DSCN4487.jpg
(3月25日の那須岳。事故の2日前です)

那須で、痛ましい事故が起きてしまいました。
地元の高校生が7人も亡くなるなんて、
ニュースを聞きながら、読みながら、涙が止まりません。

同じように息子を持つ母親として、
ご家族の方の無念さを思うと、
悔しくてたまりません。

昨夜は、あの緩やかなスロープで、まさか、と驚き、
でも、雪崩は斜度が5度でも起きることがあると何かの本で読んだこともあったので、
ゲレンデの表層雪崩かと思いました。
実際は、コース横の斜面からの雪崩と聞き、合点がいきました。

春先の山の危険、新雪の斜面の危険は、予見できた。
誰もがそう言うことでしょう。

たら、れば、と口を差し挟むことは簡単ですが、
起きてしまった事故に対して第三者が
物知り顔で安直にものをいうべきではないと思います。

でも、当たり前のことですが、
人の命を預かる者は、何を置いても、安全を守ることが求められる。
苦情があろうが、損をしようが、不名誉だろうが、です。
そこには「命」に対する責任の重さを認識し続けようとする決意が必要です。

震災のとき、津波や原発の事故から同朋を守れなかった悔しさ。
いくら先回りしても、私たちの予想を超えて、事故は起きてしまう。
よく似た失望感を、無力感を、感じています。

心から、ご冥福をお祈り申し上げます。







posted by Rian at 08:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする